何故中高年にDNA・EPAは必要なの?

DHA・EPAというサプリメントは、特に中高年におすすめという文字をインターネットで見かけることもありますが、なぜ若い世代ではなく中高年なのでしょうか。体に良いサプリメントなら、どの年代でもおすすめなはず。

しかし中高年だからこそ取りたい理由があったのですね。その理由をご紹介していきます。

中高年が注意したい血流の流れをよくするEPA

私たちは若い時からの食生活の積み重ねで、中高年になった時には、アルコールや暴飲暴食が原因で血液がどろどろで、血栓ができやすい状態であるという人もいます。

血栓ができやすい状態になると、動脈硬化や心筋梗塞といった病気になるリスクが上がり、私たちの健康を脅かしますよね。

そこでEPAは、血液をサラサラと流れるように導き、血栓をできにくくするという効果が注目を浴びているのですね。

EPAは魚の油に含まれていることが多いのですが、体にいいからといってそればかりを食べる訳にはいきません。また魚ばかりを食べるのも大変ですね。

そこで効率よく摂取できる方法がサプリメントを取るということなのです。

DHAは血管をしなやかにする

中高年になると血管が硬いという人は少なくありません。しかし血管が硬いと動脈硬化などの心配が高まりますね。そこで効果があるのがDHAなのです。

DHAというのは、血管の細胞膜などを柔らかくしてくれ、血流を増やすことが出来るのですね。またDHAは血流にのって脳までたどり着くと、脳を活性化させてくれる大切な成分なのです。そのため記憶力などに大きく影響します。

中高年はDHAとEPAを同時にとるべし

ここまで二つの成分を見てきましたが、どちらも別の働きをしており、中高年には欠かせない物があることがわかりました。この二つが入っていることにより、相乗効果でより効果的!

そのためDHA化EPAのどちらかではなく、出来れば一緒に配合されているものを選んで摂取すると効果的なのです。